【秋華賞2015】タッチングスピーチ、距離の不安を「血統」と「鞍上」で克服か?

» , の3連単予想が無料配信。

ローズSを見事な末脚で勝利したタッチングスピーチ(牝3)。主戦騎手の福永騎手からC.ルメール騎手へと乗り替わり、テン乗りで重賞初制覇をあげた。札幌の条件戦を福永騎手で制し、秋華賞トライアルをルメールで勝ち、秋の主役候補に名乗りを上げた注目の夏の上がり馬だ。
本番の秋華賞で不安視されるのは京都の2000mの舞台の適性だろう。京都は昨年11月の新馬戦でマイルを走っており、3着に敗れている。本番秋華賞では直線の短い京都の内回りとなるが、自慢の末脚は京都の2000mでも届くのか?

血統的考察

血統的には秋の京都にめっぽう強いディープインパクトを父に持っており、これだけでも高い適性が見込まれる。母のリッスンは父がステイヤー血脈の強いサドラーズウェルズだがこれまで種牡馬がスピードタイプな馬が多かったので優れたスピード面も受け継いでいるのではないだろうか。もともとサドラーはマイルから中距離の勝ち鞍が多い馬でもあるので距離延長はプラスに働く可能性も高い。

C.ルメールへの期待

過去に2000mは3戦しており成績は【2-0-0-1】。短い直線の札幌2000mでも勝利していることから、適性はありそうに思える。ただ、キレる一瞬の脚という感じではなく、トップスピードを持続させることのできる「良い脚を長く使える」タイプだと思うのでポジションが悪いとローズSのように簡単に突き抜けることは難しいだろう。
この馬の良い脚を活かせるかどうかは鞍上のC.ルメール騎手の腕が問われるところだ。馬同士の間隔が近くポジション争いにおいて厳しい競馬を強いられる外国の競馬で揉まれてきたルメール騎手は、心強い騎手だと言えるだろう。その点では福永騎手からの乗り替わりは大いに成功したと言える。

本番秋華賞では他馬からのマークも厳しくなるだろうし、ローズSでは緩い仕上げだった有力馬も本番で本気を出してくるだろう。しかし、前走・前々走はフロック視できない内容だ。ローズSの時より条件的には厳しくなるが、近2走の走りからも「この先も走ってくる」という期待感が持てる馬である。

【口外禁止】秋華賞の3連単予想
↓↓↓

▼各馬の最新情報&3連単の予想を無料配信中▼

» , の3連単予想が無料配信。

3連単1点勝負

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。