【秋華賞2015予想】ミッキークイーンの2つの不安要素とは?

» , の3連単予想が無料配信。

秋華賞トライアルのローズステークス(GⅡ、阪神)では惜しくも2着に敗れたが、出遅れて最高からのスタートで最期の直線は上がり最速の脚で追い上げた。5月のオークスで優勝してからの休み明け初戦だったが、デビューしてから連対を外していないしこれは秋華賞当日も人気を集めること間違いなしだ。

初の「京都」コース

さて、秋華賞ではミッキークイーンにとっては初となる「京都の内回り」が舞台となる。
距離も前走の1800mから200m伸びて2000mになる。京都の2000mは1~2コーナーにかけては平坦で、向こう正面のバックストレッチで山があり、上り坂となる。そして3~4コーナーにかけて下るというちょっと特殊な形態をしたコースである。終いの直線はほぼ平坦で、中央では中山競馬場に次いで短いコースだ。スタート後の直線が短いので序盤の先行争いはコーナーまでもつれ込み、コーナーでゴチャつくため先行馬は馬群で揉まれやすく消耗しやすい。ゴール前直線が短く一見先行馬有利なコース形態に見えるが、向正面で楽ができる差し馬の活躍も目立つコースである。

最期の短いゴール前の直線を一気に差せる瞬発力のある馬が狙い目と言われ、ディープインパクト産駒は非常に好走しやすいコースとなっている。ディープインパクトで差し馬のミッキークイーンにとってこのコースは相性の良いコースとなる可能性は高いと筆者は考える。良馬場であればなお良し。よってコース適性に関しては特に不安視することはないだろうと考えている。

「展開」&「騎乗ミス」

コース云々よりも気になるのが、「展開」と鞍上の「浜中騎手」だ。ミッキークイーンは能力はあるがまだ馬群の中で大きく揉まれたこともなく、他馬にマークされれば厳しい競馬を強いられるだろう。そうなった時に器用に馬群を捌けるか、鞍上はスムーズに誘導できるか、といったところは不安ではある。浜中騎手はこれまで上手く乗ってきている。決して悪い騎乗をしていない。しかし、これまでとは違ったシチュエーションに馬と一緒に柔軟に対応できるかどうか、というところが不安である。「展開」と鞍上の「騎乗ミス」、この2つが大きな懸念事項といったところか。

エリザベス女王杯へも向けて進めていっているので、仕上がりの完成度もしっかり見極めたいところだ。

【口外禁止】秋華賞の3連単予想
↓↓↓

▼各馬の最新情報&3連単の予想を無料配信中▼

» , の3連単予想が無料配信。

3連単1点勝負

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。