【秋華賞予想2015】クインズミラーグロの将来性は?初G1でどこまで

» , の3連単予想が無料配信。

秋華賞トライアルレースの一つ、紫苑ステークス(OP、中山)が9/12に開催された。2着位内に入着した馬に、秋華賞への優先出走権が与えられる。着順結果は以下のとおりである。

1着 5枠 10番 クインズミラーグロ(牝3) 54.0kg 吉田豊
2着 7枠 13番 ホワイトエレガンス(牝3) 54.0kg 丸田恭介
3着 3枠 6番 エバーシャルマン(牝3) 54.0kg 田辺裕信
4着 8枠 17番 ウインマハロ(牝3) 54.0kg 柴田大知
5着 6枠 11番 トーセンナチュラル(牝3) 54.0kg 横山典弘
6着 2枠 4番 プリメラアスール(牝3) 54.0kg 丸山元気
7着 1枠 2番 アースライズ(牝3) 54.0kg 川須栄彦
8着 4枠 8番 レトロクラシック(牝3) 54.0kg 松岡正海
9着 7枠 14番 ゴールデンハープ(牝3) 54.0kg ルメール
10着 5枠 9番 アイノカケハシ(牝3) 54.0kg 津村明秀
11着 6枠 12番 テンダリーヴォイス(牝3) 54.0kg 戸崎圭太
12着 8枠 16番 トラストルシファー(牝3) 54.0kg 内田博幸
13着 8枠 18番 ゴージャスガール(牝3) 54.0kg 蛯名正義
14着 2枠 3番 スマイルミーティア(牝3) 54.0kg 北村宏司
15着 1枠 1番 ノットフォーマル(牝3) 54.0kg 黛弘人
16着 4枠 7番 モアニレフア(牝3) 54.0kg 木幡初也
17着 7枠 15番 カンデラ(牝3) 54.0kg 大野拓弥
18着 3枠 5番 リアンドジュエリー(牝3) 54.0kg 柴山雄一

8番人気のクインズミラーグロはちょうど真ん中の中団10番手でじっくりと折り合いに専念し、直線をむくと前が仕掛けにいってわずかに空いた外へと移動し、そこから他馬を差し切ってゴールした。半馬身差の2着には先行4番手から突いた5番人気のホワイトエレガンスが入着した。2着までに入着したこの2頭が秋華賞への切符を手に入れた。

クインズミラーグロ(1着馬)

初の2000mで不安もあったが折り合いもスムーズにいき良い勝ち方だった。父がマンハッタンカフェ、母ジャストトゥートゥーという血統で、夏を経て強くなっている印象はある。
4コーナーで多少ごちゃついたところ以外はとくに悪いところはなさそう。鞍上の吉田豊騎手も落ち着いてレース運びができていたし、馬も合図に応えてちゃんと直線では鋭い脚で坂を駆け上がった。このように早めに抜けないで直線入ってうまく捌いてから行けば本番でもギリギリ3着届くか?といったところだろうか。キレ味勝負では分が悪いだろうから本番では馬群捌きと抜け出すタイミングが課題だ。

ホワイトエレガンス(2着馬)

序盤から前目の4番手で競馬をし、直線では早めに抜け出して先頭に躍り出る。後続との差を一気に広げにかかってあわやそのままゴールか?と見せ場を作るも、外から追い上げたクインズミラーグロに差されて2着に敗れた。早めに動いて押し切ろうという作戦だったのか良い線いっていた。敗れはしたが積極的に運んだ丸田騎手の騎乗も良かった。オーナーの地元での開催ということでこのレースがメイチだった可能性もあるのと夏からずっと使っているので疲れも心配だ。秋華賞では騎手が乗り替わりとなり丸山元気騎手がテン乗りで挑む予定だ。

2頭とも条件戦からやっとOP戦で活躍するようになってきた馬。次走はレースレベルを2つも3つも飛ばして上級レベルのレースに参加するようなもの。夏もずっと走ってきているし普通に考えれば力が足りないが、まわりが強ければ強い競馬をする馬も中にはいる。期待をするなら現段階では2歳馬の頃に比べて大きく成長しているクインズミラーグロの方か。

【口外禁止】秋華賞の3連単予想
↓↓↓

▼各馬の最新情報&3連単の予想を無料配信中▼

» , の3連単予想が無料配信。

3連単1点勝負

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。