ジェンティルドンナが勝った2012年の秋華賞を今一度振り返ってみる

» , の3連単予想が無料配信。

2012年の秋華賞勝馬”ジェンティルドンナ”。競馬ファンならこの馬の名前は一度は聞いたことがあるのではないだろうか。この年の桜花賞、オークス、秋華賞を制して史上4頭目の牝馬三冠を達成した牝馬である。牝馬三冠を含むGⅠ・4勝、7戦6勝の好成績を収め、JRA賞年度代表馬および最優秀3歳牝馬に選出された歴史的名馬である。

昨年2014年の有馬記念で有終の美を飾って引退してしまったが、改めて2012年の秋華賞のレース内容を振り返ってみたいと思う。

桜花賞→オークスを制して3冠の最終戦の秋華賞へ臨んだジェンティルドンナ。鞍上は当時の主戦騎手の岩田騎手だ。2冠達成していることもあってレース当日も圧倒的な人気を集め、単勝オッズはなんと1.3倍のグリグリの大人気。
多くのファンがジェンティルドンナの勝利を期待する中レースがスタートした。序盤は2番人気で同じディープインパクト産駒のヴィルシーナ(内田)がハナをいった。鞍上の内田騎手はここで400m~800mまでの通過タイム13.2-13.4という超スローペースに持ち込んだ。後続馬は引っ張り気味で馬群は大きくまとまって向正面へ進む。しびれを切らしたチェリーメドゥーサ(小牧)が外から一気にまくって先頭に躍り出た。”ドスロー崩し”である。こういう思い切った賭けに出る騎手は地方ジョッキーならではだと思うし中央でこういった騎乗をする騎手も昨今はなかなかいないだろう。
さて、グングンと後続との差を広げるチェリーメドゥーサ。直線残り200mを切ってもまだ先頭だ。まさかこのまま?と会場も大きくどよめく。しかし中団外から脚を伸ばしたジェンティルドンナがグイグイと伸びてくる。ヴィルシーナも負けじと喰らいつきほぼ隣同士の叩き合いとなった。最期はハナ差でジェンティルドンナがゴールし三冠を見事に達成させた。
最期の2頭のディープ産駒による叩き合いも見応えがあったが、中盤で一か八かの逃げの作戦へと移した小牧騎手のパフォーマンスも見事であった。逃げたチェリーメドゥーサは最終的には後続に差されて着順こそ5着に敗れたが、あわやと思わせる見せ場も作ってレースを盛り上げてくれた。

ヴィルシーナのスロー作戦、チェリーメドゥーサのドスロー崩し、ジェンティルドンナとヴィルシーナのゴール前の叩き合い、そしてジェンティルドンナの牝馬三冠達成。この年の秋華賞はなんとも豪華な演出が盛りだくさんの素晴らしいレースとなった。これぞGⅠ、これぞ競馬、と言わんばかりの見応えのある良いレースであった。

以下に、2012年の秋華賞の本馬場入場&返し馬からのロングバージョンの動画を載せるのでぜひ最初から最期まで鑑賞していただきたい。

【口外禁止】秋華賞の3連単予想
↓↓↓

▼各馬の最新情報&3連単の予想を無料配信中▼

» , の3連単予想が無料配信。

3連単1点勝負

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。